水戸黄門まつりパレード、「由実かおるがやってくる」の巻

毎度お馴染み、水戸市下市ハミング・ロードの特設会場、今日もまた猛暑日です。

11時からの交通規制のためミニパト巡回中、ハミング・ロードは歩行者天国(古)になります。

由実かおるさんが乗った山車パレードが到着するまで少し演奏しました。合間にCDの宣伝と定演の告知です。

あまりにも暑かったのでMCが長めに入ります。待つことしばし・・・と、パレード音楽が聞こえてきました。

まずは先頭のPA車、つづいて水戸市長扮する水戸黄門一行です。市長ご苦労様です。

そして真打ち登場!!

ピンクの浴衣もあでやかに
「由実かおる」様のご到着。

お待ちしておりました。

BBのスタッフが「ありがとう・由実かおる」の横断幕を用意、さらには歓迎の演奏曲は「Can't take my eyes off KAORU、かおるの瞳に恋してる」、そして曲が流れるとなんとなんと踊り出しちゃいました。

さすがは芸歴?十年のかおる様、エンターテイナーぶりはさすがです。しかも年齢を感じさせない軽やかなステップと身のこなしは詰めかけた多くの水戸市民を魅了しました。BBえらいぞ、でかしたぞ。由実かおるの生ダンスなんてなかなかお目にかかれない。これには本町商店会会長さんも大喜びでした。BBと由実かおるのコラボは大成功を収めたのでした。

もう一台の山車では水戸市出身の渡辺裕之さんと龍馬伝に出演中の島崎和歌子が沿道の観衆に手を振って声援に応えていました。

さて、山車パレードは通り過ぎましたが観衆はまだお残りいただいています。もちろんサービス演奏。

昨年は延々とやりすぎておまわりさんに怒られちゃいました。3曲で終演です。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

演奏後、産経新聞から取材がありました。下が翌日掲載の切り抜きです。