奥久慈ジャズフェスティバルin蝸牛文庫はいとお興し。

国道118号線を北上、旧山方宿の先にある長いトンネルをぬけると、そこは中舟生だった。

JR水郡線中舟生駅入口を少し行くと左に細い登り道。

この日は4両編成の列車に遭遇しました。

さらに奥へと進むと右手に白い建物が顔を出します。ここが旧山方小学校舟生分校跡地の蝸牛文庫。

校庭にブルーシートが敷かれ、ステージは桜の大木の下。
今年は炎天下は避けられました。
お客様は地元の方々や遠方からも駆けつけてくれました。
東海高校East Ocean Jazz Orchestra

つづいてBBの登場です。


美空ひばりメドレー
真っ赤な太陽
楽器紹介コーナー
見上げてごらん夜の星を
ラ・クンパルシータ
ザッツ・ア・プレンティー
スペイン
合同演奏
上を向いて歩こう
シング・シング・シング

この日はカメラマンが沢山おりました。大撮影大会

MJW復興支援コンサート、第18回定期演奏会、CDアルバムのブースは終演後にぎわいを見せました。

蝸牛文庫や地元の皆さんが手作りのおもてなし、BBのランチもスイカやお菓子のの差し入れが山のようにありました。

お腹いっぱいのBBとEOは次の目的地、日本三大名瀑袋田の滝に向かいます。

観瀑台に向かう御一行様、もうすでにビーサンの人がいます。

今年も水量が多く4段に流れ落ちる滝はマイナスイオンパワーが溢れていました。

奥久慈方面ツアーは今年もお決まりのコース
蝸牛文庫→演奏→至福のランチ→袋田の滝見物→川遊び→びしょ濡れ→舟納豆→さようなら    楽しい一日でした。

これで夏休み前半は終わりです。
後半、まだまだ暑い日が続きますが頑張りましょう。