2日目の朝は快晴でした。

市民プラザに到着するとすでに準備が始まっていました。

ゴミの焼却施設と併設の市民プラザは劇場ホールと温水プールもあり、近隣の憩いの場となっています。
30年以上も前に作られたようで当時の音響機材がまだ健在で活躍しています。管楽器を収音するマイクは昔よく漫才で使われたお馴染みのSONY製C-38(コンデンサー)です。

会場ステージ前には椅子が並べれ開演を待ちます。スタートまでまだ少し時間があるので合間にBBはランチ。

客席は立ち見も含めて盛況です。今回の講評をいただく方はプロデューサーの千尋氏とドラムの小山太郎氏です。小山さんとは以前共演の機会があります。

演奏曲はTake the"A"Train Birdland Watermelonmanの3曲でした。

そして、今回は初の試みで、前日に交流会をした4校を中心に「合同演奏をしよう」という事になり羽黒(カラーT)・蓼科(私服)・帝京(クロT)・水工(紺ポロ)が舞台に揃いました。

演奏曲は
ザ・チキン
シング・シング・シング
です。
圧巻の演奏が会場に響きました。