水郡線沿線・高校生文化祭の巻

JR水郡線は水戸−郡山(福島県)を結ぶ単線の鉄道です。この鉄道のお陰で大子町、常陸大宮市、那珂市に住んでる高校生は水戸の高校に通学できます。その沿線にある高校生が集まっての発表会でした。

バスで会場に向かいます。本来なら水郡線を利用すべきですが山ほどある楽器を運ぶためにバスです。

現地到着後に機材を降ろして準備に入ります。

会場は那珂市瓜連(うりづら)にあるラポールです。

「ここは私の地元なのよ」

エントランスロビーに看板が設置されていました。

舞台はちょい狭目ですがビッグバンドにはジャストサイズ。

軽いウォーム・アップとリハーサル、曲順の確認、出入りの時間等をチェックします。

ロビーには高校生の作品展示がありました。

常陸大宮高校で作られたマドレーヌをゲット。

開演です。各校の生徒が曲紹介をしてくれました。

Take the "A"Trainから始まりガッツリとジャズのナンバーを演奏しました。
予想外のアンコールがわき起こり、それに応えてSEPTEMBERを演奏、その様子が翌日の新聞に掲載されました。いいとこ取りのBBでした。