特色ある学校づくり事業 宮城県石巻商業高校訪問です。

ラストは会場が総立ちとなる盛り上がりでした。さらに石商吹奏楽部のメンバーとのコラボもあり有意義な交流が出来ました。石商生最高!!!

文化祭の開演です。石商生徒会長から歓迎の挨拶をいただきました。それに応えるように教頭先生、水工生徒会長が挨拶しました。そして防災意識の向上を目指す取り組みの発表です。

約5時間のバスの旅、石巻商業高校に到着です。会場の体育館側までバスを着けてもらいました。すぐに機材を搬入します。

2週間前に通った東北自動車道をまたまた北上、一路石巻に向かいます。途中は山々山、道路には変わった標識が見えます。こんなに太ってるのでしょうか???

早朝6時半に学校を出発します。忘れ物がないように積んで下さい。     帯同していただく保護者の方に副校長と教頭がご挨拶、「宜しくお願いします」

終演後地元の新聞社から取材を受けました。    応対していただいた石商生徒会の先生は出身が栃木だそうで、栃木弁と宮城弁の入り交じった会話でした。   撤収!

この後の文化祭「石商祭」開会式に向けての準備時間内でのセッティング、タイトだ〜(汗  教頭先生が石巻市新聞の取材を受けています。その間にこっちはヘッヘッヘ

その後、帰路につく途中、震災で焼失した門脇小学校跡地の慰霊碑に献花、黙祷を捧げました。水工を代表して命を落とされた数多くの御霊に哀悼の意を表しました。
周りには家屋のあったことを物語る数多くの基礎だけが残されていました。石巻市の復興はこれからです。震災から3年で奇跡の再創業をはたした製紙工場の煙突が白煙をたなびかせ、我々は負けないぞと語りかけているようです。