前日の準備は金曜日の放課後になりました。まずはひな壇を組みます。

この日は好天に恵まれ、お並びいただいたお客様もあまり寒くなかったようで、とはいえ長時間お待たせいたしました。

さあ、いよいよ本番、アドレナリンが溢れてきます。円陣を組んで「ブルブギーーーーー、ファイト!! お”っーーー!!!!」



さらに左右、奥行き等のバランスを考えてレイアウトされていきます。

2段の舞台、高さは奥が2尺1寸、前段が1尺4寸、63cmと51cmになります。未だに舞台寸法は尺で表します。これは歌舞伎の名残といわれています。

おっと、横断幕が登場です。

こちらは毎度お世話になるPA担当の機材、
フルデジタルのミキサーです。

こちらは2階天井位置にあるピンルーム。
先輩が担当します。

配置が決まったらシューティング、サスペンションライト・サイドスポット・エフェクトライト等の灯体がセットされていきます。