第42回グレン・ミラー・フェスティバル クラリンダ市・アイオア州・U.S.A アメリカ公演の報告です。

現地滞在2日目、コンサート会場となるクラリンダ・ハイスクール。たくさんの星条旗がお出迎えです。いかにもアメリカらしい演出です。高校は夏休みに入っていてGMFに貸し出しています。

演奏の画像はGMFに全権限があるのでHPにアップすることは出来ませんが、本番スタートを待つBBの様子です。毎回のスタンディング・オベーションはBBをより成長させていただきました。GMFスタッフの皆様、青木代表にも感謝です。このページでは伝えきれない感動がありました。関係各位には後ほどDVD収録したものにてご報告いたします。

演奏は3日間3ステージ、休憩を挟んで1時間40分でプログラムされています。まずは体育館のステージで軽くリハーサル。本番はグレン・ミラーの名曲を中心に全51曲を熱演してきました。

現地第1日目はホストファミリーと対面してそれぞれのハウスに分散します。一家族2人でいきなりのコミニュケーションが待っています。町並みは緑が多く道路が広い(あたりまえかぁ)

成田10:40発 アメリカ・ダラス空港行(フライト12時間)
ダラス12:00発 オマハ空港行(フライト2時間)
オマハ空港14:00発 クラリンダ行(バスにて1時間40分)
やはりアメリカ合衆国は遠かった・・・・


GMFのおまけ画像

演奏の合間に黄色いスクールバスでグレン・ミラー生誕地ミュージアムと生家を見学してきました。
当時の壮大な演奏活動の様子が展示してあります。
ビッグバンドの黄金期を突き進んでいた彼の偉大な功績が克明に記録されています。
この経験は何事にも代え難い財産。BBの歴史に残る出来事であることに間違いはありません。