ポットラック・パーティー(持ち寄りパーティー)

「元気でね。」「最高だったよ」。「またおいで。」「忘れないよ。」「ありがとう。」

お世話になったホストファミリーの皆さんがご馳走を持ち寄ってのパーティーを開いてくれました。ソーセージ、フルーツ、ケーキ等を大量に用意してありました。

お別れの瞬間が近づいています。オマハまでのバスに楽器、スーツケースを積み込みます。

涙の後は笑顔でお別れ。クラリンダの皆さんBBを本当の家族の様に迎えて下さり、ありがとうございました。私たちは皆さんへの感謝の気持ちと一緒に過ごした時間を永遠に忘れることはないでしょう。
こんな幸せな時間を与えていただきました「グレン・ミラー生誕地協会のマービン会長、日本支部の青木代表に心より感謝申し上げます。

グレン・ミラー生誕地協会のメンバーより、ブルービギナーズ様の演奏に非常に感銘を受けたご来場者の一人から、「彼らの素晴らしい演奏についてブログにまとめたので、是非共有して欲しい」と生誕地協会へメールがあったとご連絡いただきました。http://tunefultravel.com/banish-the-blues-with-the-blue-beginners-jazz-band/

 ブログ後半には、最終日のコンサート終盤、涙ながらの演奏を聴いて“言語の壁を越えた確かな繋がりを感じ、胸が熱くなった”と綴られており、会場全体が一つになったあの素晴らしい演奏が、本当に多くの現地の方の心を動かしていたのだと改めて実感させられました。
この世界の共通言語は、英語ではなく音楽でした!!