第24回定期演奏会「Rhapsody Wind 〜狂詩曲の風が吹く〜」 その1開演までの様子

開演5分前、それぞれ集中力を高めて舞台に望みます。「ブルビギ、ファイトー!!! おぅっーー!!!!」部長のかけ声で気勢を上げます。

1年生は入場整理のお手伝い、初めての定演に少し戸惑い気味でした。CDブースに立ち寄る人も見受けられます。

ホールは8階にあります。1階のエレベーター前には長蛇の列、開演1時間前からの入場となりました。

今回も使用する音響機材はデジタルミキサーを中心に構成されています。12ch×4レイヤーで48chのマイクが使用可能(そんなに使いません)となっています。スポットライトはOGの先輩が担当します。

ここでは第2部最初の3年生バンドのリハーサル、ソロの順番やMCについての確認、サウンドチェックも綿密に行います。

いよいよ、開演の幕が上がります。本ベルの響いた後、開演アナウンスが入りました「本日は水戸工業高等学校第24回・・・・・・・ 」




全てのリハーサルが終了して、いよいよ開場いたします。さてさてどのようなステージになりますやら・・・・

それぞれの役割と進行の確認、詳細について打ち合わせがあります。個人のパフォーマンスも含めて大事な作業です。

一方、会場案内も含めてお客様のおもてなしはOB・OGの先輩方が担当します。代々引き続いているこの伝統はBB自慢の一つでもあります。